体の中から日焼け対策!太陽に負けないサプリが人気高!?

日焼けといえば女性なら誰しも少なからず対策をしてるのではないでしょうか。

怖いシミソバカスの原因となり、皮膚がんの原因となってしまうことすらあるのです。帽子をかぶる、長袖を着る、日焼け止めを塗るなど対処方法は人さまざまですがそれらの対策で完全に日光から体を守ることはできません。

そこで今回は体の中から栄養素を取り込むことで紫外線に対抗する体を作る方法を教えします。

体の中から紫外線対策を!

日焼けに有効な栄養素といえば次に挙げられるような栄養素があります。良質の飽和脂肪・オメガ3脂肪酸・リコピン、βカロチン、ビタミンEなどの酸化を防ぐ効果があるものです。

では具体的にどんな食材をとれば効果的に日焼け予防になるのでしょうか。特に効果が高いのは調理されたトマトです。

トマトにはには多くのリコピンが含まれています。このリコピンは赤い果物に含まれるカロテノイド色素で、植物はこの色素を太陽から身を守るために活用することが知られています。

なのでカロテノイドを多く含んだ鮮やかな色をした果物や野菜を摂取することで日光に対する耐性を上げることができるのです。

トマトは加熱するとリコピンが増加することが知られていて、トマトペーストをテーブルスプーン数杯分摂取するだけでも日光対策として有効であることが研究で明らかになっています。

赤い果物全てにこの色素が含まれていますが、スイカやグレープフルーツには特に豊富に含まれています。日差しが強くなる夏の季節に夏野菜のトマトやフルーツを沢山とって紫外線対策をしたいですね。

効率的に日焼け対策するにはサプリも有効!

最近ではサプリメントでもUVケアが出来るものが充実していること、ご存じでしょうか?

飲む日焼け止めや太陽に負けないサプリとも言われるもので、ニュートロックスサンという地中海の紫外線対策成分が詰め込まれています。

サプリメント選びで迷った方は、ネット上の口コミ評判や下記のような比較ランキングサイトを参考にするといいでしょう。ぜひチェックしてみてくださいね。

参考:http://太陽に負けないサプリ.com/

日焼け止めは肌に合わせてSPFとPAを使い分ける!

夏になると女性は特に日焼け対策を気にするひとが多いと思います。

一番紫外線が多いのは気温が高く蒸し暑い8月だと思われがちですが、実際は梅雨の6月も非常に紫外線が多く、紫外線対策が必要な時期です。

私が行っていることは、まず極力足を出さないファッションをすること。この時季はまだ比較的長ズボンでも過ごせるため、足を変な焼き方をしない為にも日光に当たらないようにしています。

最近ではガウチョパンツやワイドパンツといった、わりとゆったりとしたシルエットのものが多いので、そういうのは風が通って着苦しくないのでお勧めです。

足はズボンでカバーできたとしても、やはり気になるのが、顔や腕。日焼け止めでも顔用と体用が分かれているので、使い分けることがポイントです。特に顔はシミになると嫌なので、SPF50のものを使って完全カバーします。

ちなみにこのSPFというのは日焼けをした際に肌が赤くなってしまうのを防ぐものです。数字が高ければ高いほど長時間効果があるということです。SPFで20分間効果があるということになるため、SPF50のものは20×50で1000分。つまり約16時間も日焼け止めの効果が期待されるということです。

とは言っても、やはり気温が暑いと汗でせっかく塗っても落ちてしまうことがあるので、こまめに塗りなおすことが大切です。次にSPFと同じくらい気を付けたいのがPAです。

これはSPFと違って肌を黒くしてしまうのを防ぐためのものです。そのため、日焼けをするとすぐ赤くなっちゃうんだよな、という人はSPFを、日焼けをするとすぐ黒くなっちゃうんだよな、という人はPAを中心に日焼け止めを選ぶとより自分に合った日焼け対策ができるかと思います。

とはいえどちらもお肌を守る大切な効果が含まれているので、その日の用途に合わせて日焼け止めを選ぶと良いでしょう。最近ではクリームタイプだけでなく、サラサラと塗れるジェルタイプのものや、化粧をした上から塗りなおすことができるスプレータイプのものが多数出ているので、自分の好みに合わせて使い分けたいですね。

日焼け対策は一年中すべき!おすすめのUVケアアイテムも紹介

日焼け対策は1年中大事ですね。家の中でも日焼けするそうなので、ポンプタイプの弱めのジェルの日焼け止めはおすすめです。軽く外に行きたい時はこれでどうにかなります。

その他はミルクタイプの日焼け止めが落ちにくいのかなと思います。肌が弱い人は普段使いには強めの日焼け止めは避けた方がいいと思います。

肌が弱ると余計に日焼けしやすくなるので、保湿や冷やすこともとても大事です。

他にはやはり日傘がやっぱり安心出来ると思います。汗かいたりで、日焼け止めがどれくらい効いてるのか不安になりますよね。

熱中症対策にもなるので、日傘は結構便利だと思います。帽子UVカットのパーカーですね。パーカーも熱いかなあと思ってしまいますが、涼しい素材で出来ているのも多いので、そんなに熱くなりません。

あとは家に帰ってから、フェイスマスクや化粧水で冷やして肌を落ち着かせてあげると焼けたかな?と言う日でも、焼けずに済むこともあります。

日焼け止めでおすすめなのは、ニベアのミルクタイプです。これなら肌に優しいし、強くても肌荒れしたことはありません。肌が弱い人にはなかなか合う日焼け止めがみつけられないことが多いと思います。私も肌が弱い方なので、ぜひニベアを試してみて下さい。

日焼け対策は色々とありますが、自分に合った方法を探していくことが大事だと思います。出来るだけ面倒ではなく、簡単な方法がみつかるのが1番ですよね。そう言った意味でも、日傘は持ち歩けて、すぐ使えるので1番便利かなと感じています。

30歳過ぎたら要注意!ビタミンCサプリもおすすめです

30歳を過ぎてから顔にシミができはじめてきたので、手遅れになる前にと日焼け対策をするようにしました。

まず外に出る時は夏は絶対ですが、冬や紫外線のなさそうな雨の日であっても必ず日焼け止めを塗るようにしています。また、日傘も必ずさすようにし、とにかく紫外線に当たらないように努力しています。

そして、洗顔は美白効果のあるものを使い、洗顔後の乳液やクリームに関してもすべてシミに効果のありそうな美白成分の入ったものを使うようにしています。

また、食生活にも気をつかい、果物や緑黄色野菜などビタミンが多く含まれているものを積極的に摂取するだけではなく、毎日ビタミンCのサプリメントも飲むようにしてシミをつくらないようにしています。

そして、顔だけではなく首や腕、足にもシミができないように、家の中でもできるだけ窓の側には近寄らないようにし、首については一日中スカーフを巻くようにしています。

そして、この首にスカーフを巻くというのは紫外線対策になるだけではなく、顔と首の色が違うようにならなくするための対策にもなるのでこれは非常におすすめです。

やはり家の中にいてもカーテンを開けていれば紫外線は入ってきますし、洗濯物を干す時も外にいるのと同じことなので紫外線対策をしていなければ日焼けをしてシミにつながってしまうことがあります。

ですから、私はシミをつくらないためにも外出する時だけではなく家事をしている家の中にいる時までも、日焼けをしないように気をつけて生活するようにしています。

肌が弱い私の日焼け体験談とこどもへのUVケア

私は昔から肌が弱く、日焼けをすると必ず赤くなって、ヒリヒリ痛くなります。なので、紫外線の強い時期に外に出かけるときは、日焼け対策をしています。

海が好きなのでよく海水浴に行きますが、強烈な紫外線なので、こまめに塗り直しています。日焼け止めを、顔や体にしっかり塗り、焼けたくないところは白くなるまで塗っています。

海に入ると、どれだけしっかり塗っても取れてくるので、何度も塗ることが必要です。以前に、背中を塗り忘れたことがあり、その時は大変でした。海に入っている時は全然平気なのですが、帰ってから痛くて痛くて、服が擦れるのも痛かったです。

そして、数日後には痒くて痒くてたまらなくなり、皮がめくれて最悪でした。それから必ず背中は塗り忘れないようにしています。また地上でも、油断しているとシミになってしまいます。

以前に真夏の暑い時期に、ファンデーションのみで外に出て、人と話をしていたことがありますが、1時間くらい直射日光にさらされてしまいました。その時は少し日焼けしたくらいでしたが、その年の秋くらいになると、直射日光に当たっていた部分が見事にシミになってしまいました。

少しの間だと思って油断して日焼け対策をしっかりしておかないと、後で必ず何かしらトラブルがあります。その時は何もなくても後々出てくるのが怖いです。

今は子供にも日焼け対策をしています。子供用の日焼け止めを塗って、帽子をかぶせて外出させています。日差しに弱くなると懸念される方もいるかもしれませんが、結局大人になってからでは遅いと私は感じているので、今のうちから対策しておくことがいいと思います。