肌が弱い私の日焼け体験談とこどもへのUVケア

私は昔から肌が弱く、日焼けをすると必ず赤くなって、ヒリヒリ痛くなります。なので、紫外線の強い時期に外に出かけるときは、日焼け対策をしています。

海が好きなのでよく海水浴に行きますが、強烈な紫外線なので、こまめに塗り直しています。日焼け止めを、顔や体にしっかり塗り、焼けたくないところは白くなるまで塗っています。

海に入ると、どれだけしっかり塗っても取れてくるので、何度も塗ることが必要です。以前に、背中を塗り忘れたことがあり、その時は大変でした。海に入っている時は全然平気なのですが、帰ってから痛くて痛くて、服が擦れるのも痛かったです。

そして、数日後には痒くて痒くてたまらなくなり、皮がめくれて最悪でした。それから必ず背中は塗り忘れないようにしています。また地上でも、油断しているとシミになってしまいます。

以前に真夏の暑い時期に、ファンデーションのみで外に出て、人と話をしていたことがありますが、1時間くらい直射日光にさらされてしまいました。その時は少し日焼けしたくらいでしたが、その年の秋くらいになると、直射日光に当たっていた部分が見事にシミになってしまいました。

少しの間だと思って油断して日焼け対策をしっかりしておかないと、後で必ず何かしらトラブルがあります。その時は何もなくても後々出てくるのが怖いです。

今は子供にも日焼け対策をしています。子供用の日焼け止めを塗って、帽子をかぶせて外出させています。日差しに弱くなると懸念される方もいるかもしれませんが、結局大人になってからでは遅いと私は感じているので、今のうちから対策しておくことがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です